今の時代、ギャンブルは私達の日々の生活の一部となっています。ドッグレースで賭けるにせよ、カジノでのギャンブルでも、なんであれ同じことです。誰もがギャンブルを楽しんでいる、ということです。ただ楽しみ、刺激を得るだけのギャンブルもありますが、一方で、実際にお金を稼ぐためにギャンブルをしている人もいます。

店側に勝つのは不可能だと考えている人は多いようですが、その考えは誤りです。店側に勝つためには、引き際を知らなければなりません。戦法や戦略を立ててギャンブルに臨む必要があります。そこで今回は、ギャンブルの経済学について知っておくべきことを全てお伝えします。

遡ること1996年、アメリカで使われたお金の10分の1がギャンブルで使われたものでした。考えてみると大変な額ですよね。一見すると、ギャンブルは経済を衰退させ、多額の負債や破産を引き起こすものだと考えられがちです。しかしその一方で、全てのカジノには従業員がおり、全てのマシーンにはテクニカルサポートスタッフが用意されていることにも目を向けるべきです。

さらに、カジノには常に警備員が配備されており、マシーンやお店を守っているのです。実際にそう考えてみると、カジノに支払われる多くのお金は直接カジノに入るわけではないのです。華やかな照明にかかる光熱費や多額の水道代、従業員の給与やメンテナンス費用のせいで、カジノが支払うべき費用が非常に高額であることは有名でしょう。 

ギャンブラー自身が鬱や強い不安感、破産に悩まされることもあります。これは経済にとっては大変良くないことです。ギャンブルでお金を失った人達は、仕事を見つけたり財産を持ったりすることが難しくなります。ギャンブルを楽しみたいという欲求を社会がうまくコントロールするのは困難なことです。騙されやすい人が最後の1ペニーまでカジノやギャンブルサイトに吸い取られてしまうのはとても恐ろしいです。

おそらく私達はそういった世界に住んでおり、今後もすぐに変わることは無いでしょう。ギャンブルは問題ではなく、ストレスや日々の不安を和らげるものであるとされているのです。あくまでも自らをコントロールしながらギャンブルで遊び、段ボールの中で年を越すことが無いようにしなければいけません。

娯楽産業へ与えるカジノの経済的影響マジックショーやサーカス、コンサート、これらは全てカジノで行われるものです。カジノは好んでゲストや歌手、コメディアン等ありとあらゆるパフォーマーを招きます。ギャンブルしながらライブパフォーマンスを見るのは本当に素晴らしい気分です。

私がカジノで初めてライブパフォーマンスを見た時のこと。その時はあの有名なドレイクがパフォーマンスを行っていて、私はスロットマシーンで大当たりしました。本当に最高の気分でした。あの時の興奮は、とても言葉では言い表すことができません。そして、ドレイクの音楽はそれ程までに当時の私の感情を揺さぶるもので、かなり衝撃を受けました。ただ、実際にはドレイクがラップをしている間、ギャンブルで遊んでいる人はあまりいなくて、皆が聴衆に加わり音楽を楽しんでいました。

以上、ギャンブルの経済学のご紹介でした。本記事を楽しんでいただけたなら幸いです。もしお時間があれば、私達の別の記事をご覧になることもお勧めします。どうもありがとうございました。